blog

プログラミングとひとりごと。

iPhoneアプリ開発という夢

 

1月2日にiPhoneアプリ開発の本を買って、

3月28日に初めてアプリを審査に出した。

 

その間ずっとやってたわけではもちろんなくて

 

本の最初の方で

実機にインストールしましょう

っていうとこで

 

エラーが消えなくて

 

結局、本のサポートに

問い合わせるまで

解決できなかった

 

本には実機でやってみようって書いてあるのに

実機に入れるのがいやで、

シュミレーターでやろうとしてたから

 

だからダメだったので

 

パソコンとiPhoneを繋げば

消えるエラーだった・・・

 

でも調べても

わからなかったのだ

 

 

それで

サポートに質問するまでに

ちょっと時間が経過してた

 

 

本だけじゃなくて

ドットインストールでも

勉強した

 

 

そして

ネットでアプリ開発をしてる人のブログを読んだりして

 

いまの自分が作れるものが

どんなにつたなくても

 

どんなにレベルが低くても

 

それでもいいから

アプリを公開しよう

 

思って

 

作ってみて

 

 

パソコンが壊れて

データがなくなって

 

またやり直し

 

ひとつ完成して

今日審査に出した

 

 

友だちにメールしていて

アプリ開発の勉強してるけど

アプリ作れるかわからない

って

全然自信なくて

そう言ったけど

 

つたないなりに

開発以外のところも

たくさんわからないことあったけど

 

なんとか

一本目を出せた

 

 

(審査通るかは

まだわからないけど)

 

最初に本を買ってから

まる3ヶ月

 

 

iPhoneアプリ作ったら?って言われたのはもう何年も前のこと

その時はマックも持ってなくて

 

5、6年前かな

 

 

その時も

作れる自信なかったから

マックも高いし

買わなかった

買えなかった

 

 

長くかかったけど

 

 

生きてるうちに

やりたいこと

できて良かった