blog

プログラミングとひとりごと。

Unity入門のときに役に立ったわかりやすい本(3冊)

 突然ですが、Unity入門のときに役に立ったわかりやすい本の紹介です。

 

Unity本は3冊書いましたが、どれもとてもわかりやすかったし、参考になりました。

著者さんには感謝しかないです。

 

これが一番最初にやった本です。絵がゆるくて可愛いのが好きなんです。

この本(2018年版が出てます)説明が親切で丁寧でとても良かったです。

ゲームを作るときに、Unityを使う場合、どんな風にどこから考えていったらいいか、丁寧に詳しく書いてあります。

 

この本の中に矢印が降ってくるのを作るのがあるのですが、そういう昔のゲームウォッチみたいなシンプルなのを、ひとつ作ってみようかなと、今朝急に思いました。好きなんです、シンプルなのが。

 

UnityではじめるC# 基礎編

UnityではじめるC# 基礎編

 

この本で、最初のタイトル画面のあとにゲーム画面に移動したり、ゲームオーバーを表示させたり、できるようになりました。

同じゲームでもステージを分けたり、ステージ選択画面もこの本をまるっと参考に作りました。

 

脱出ゲームも作れるようになるのですが、私が脱出ゲームのネタを思い浮かばないので作ってないです。脱出ゲームのアイディアがあればこの本を見れば作れると思います。

 

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

 

 

放置ゲームが作れます。あと横スクロールのアクション(スーパーマリオみたいなやつ)も作れます。

放置ゲームもアイディアと絵が思い浮かばなくて作ってないです、作れたらいいなぁ、と思いつつ・・・。考え続けたら思い浮かぶかなー、もっと考えてみようかな・・・と今思いました。

 

 

皆さんも楽しいUnityライフが送れますように☆

 

私は最近、Unityさわってないので、久しぶりにやってみようと本を引っ張り出してきて、読み返そうとしているところです。

どこかの誰かの参考になるかもしれないので、簡単ですが書いてみました。

 

アフィリエイトはやってないです。ていうかやれてない:)