blog

プログラミングとひとりごと。

2018年の振り返りとひとりごと。

2017年12月20日

初めてMacを買う。

派遣の仕事やめる。

 

2018年1月

絶対に挫折しないiPhoneアプリ本を買う。

赤城神社に初詣。

 

ドットインストールとProgateで勉強。

 

3月

iPhoneアプリ、リリース。2日で完成。

 

4月(?)

ふたつめのiPhoneアプリ、リリース。

 

Unity使って、iPhoneゲームリリース。

実質10日くらいかかった。

 

5月

アプリ開発の在宅仕事が決まりかけて、

何度かやりとりしてたら問題があって即やめる。

 

6月上旬

システム開発会社にプログラマーとして採用される。

正社員募集のところに、曜日と時間を短くしてほしいと交渉し、

パートで入れてもらった。長時間労働ムリ。

 

会社で仕事してると、他のことはなかなか進められない。

 

仕事は問題なく。だんだんルーチンになり、

毎回簡単なパズルを解いている気分になる。

新しいこともしたいなーと思う。

 

8月9月 プログラミングが好きな仲間を見つけたいと思い、行動を始める。

 

10月

カルチャーセンターのタロット講座に通い始める。

スマホアプリを作ろう会」という勉強会を初開催する。

 

11月 上旬

自転車で転んで怪我をする。

救急車で運ばれて、軽い手術をする。

 

12月 

秋頃チラシを作ってもらっていた

クラッチの体験教室を初めてやる。

 

在宅で働きたくて契約を変えてもらう。

パートをやめて、外注扱いになる。

 

カルチャーセンターでのタロット講座が終わる。

受講生仲間で1月から練習会をすることにした。

言い出しっぺは私だけどみんなやる気すごい。

 

友達に絵を描いてもらって、

UnityでiPhoneゲームをリリース。通算4本目。

 

今までの会社とは別件で、在宅仕事の募集を知らせてもらい応募。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

何もない時から、

プログラミングの勉強会したい

タロットの練習会したい

と思っていた。

 

iPhoneアプリ、作れるものなら作りたい

とも思っていた。

 

2017年にしていた仕事は暇で、

というか私がそれまでやっていた仕事は

だいたい暇な時が多くて。

(テストというのは待つ仕事なのです)

 

職業=プログラマーになりたいと思っていた。

これはずっと昔から。

 

プログラミングの勉強も

去年初めてやったわけではなく、

ずっと、周期的に色々やってた。

やらない時期もあり。

 

時代が変わって、テストの重要性もかなり

認知されているようで、ニーズもある、

けど私はコーディングが一番好き!

自分の作ったとこはテストするけど。

 

振り返ると2018年は

ずっと願っていたことが叶った年だった。

 

現実的な自己開示はあまり得意ではないのだけど、

iPhoneアプリが本名でしか出せないことや、

(勇気を出して)勉強会を主催してみたことによって、

 

ぎゅっと自分を押し込めて隠していたところから、

少しずつ、外側にも自分を表現できるようになってきたように思う。

 

そしてすこし楽になった。

 

やりたいことをやって失敗してもいい。

失敗って実際はあまりないけど、

周りからそう思われてもいい。

 

ポンコツプログラマーでもいい。

できなくてもやってみていい。

仕事にしていい。

 

自分にやりたいことをやらせてあげていい。

自分を応援して、叶えてあげようと行動していい。

 

やってみて、迷惑かけることもある。

嫌な思いをすることもある。

 

だけど、それは何をやってても同じだから。

嫌なことあるのは普通だから。

トラブルあるのは、動いてる証拠だから。

それでも大丈夫だから。

 

自分を抑えて

求められる形に対応して

やっていくのもいいし

それができるなら良いけど

 

何かに合わせて

自分を抑えて適応するのは

 

もうなるべくなら

やりたくないなぁ、と思う。

 

自分のやりたいことをやるのは

わがままじゃない。

それが(自分の)神様の声なんだと思う。

 

自分の中に、答えはちゃんとある。